介護を必要としている高齢者のために、介護業界では様々な介護サービスの提供を行っています。
しかし、介護業界では過酷な労働の割には給料が安いということで他の業界に比べて離職率も高く、介護の現場は慢性的な人手不足に陥っているというのが現状です。

介護の仕事の中でも最も過酷と言われているのが、入浴介護や排せつサポートなどの身体介護サービスの提供です。
高齢者の体を支えて行うこともある身体介護サービスの提供は腰への負担が大きく、慢性的な腰痛はもちろん、ひどい場合はぎっくり腰などになってしまい、退職を余儀なくされる場合があります。
それでは、体力に自信がない人は介護業界の仕事を長く続けることはできないのでしょうか。
確かに介護業界では身体介護サービスの提供を行う現場がたくさんありますが、中にはほとんど提供していない現場もあります。

デイサービスの中には介護予防をメインに行っている施設もあり、そのような現場では身体介護サービスの提供は行っていません。
理学療法士や作業療法士の指導の下、機能訓練サービスの提供をメインに行っており、介護スタッフの仕事内容はリハビリテーションや運動療法の補助になります。
利用者である高齢者は比較的元気な人が多く、寝たきりの人が多い介護施設とは仕事内容が大きく異なります。
体力的に自信がないからと言ってせっかく始めた介護の仕事を辞めてしまうのではなく、自分に合った職場を探してみることが大切です。
デイサービスで働きたいと考えている方は、(http://work-dayservice.com)などで適性を調べてみましょう。

 © 2019 - 現場経験者の問わず語り